石見大田工業株式会社石見大田工業株式会社ひとと環境にやさしいものづくりで貢献します。

軽天工事について。軽天工事とは、亜鉛メッキ鋼板の材料で、天井や壁を造作する事です。

since1961

軽天工事についてLGS・軽鉄素材での天井・壁の造作

軽天工事

軽天工事とは、亜鉛メッキ鋼板の材料で、店舗やビルなどの天井や壁を造作することで、軽鉄工事とも呼ばれています。
昔の建物は、天井や壁などに木材を使用する場合が多く、湿気や火に燃えやすいといった性質を持っていました。
しかし、近年では「不燃化」の観点から、燃えにくい性質をもつ建材であるLGS(軽量鉄骨)で作られることが多くなってきました。

軽量鉄骨(LGS)で天井や壁を造作するメリット

木と木板で出来た壁と違い、軽鉄と石膏ボードで出来た天井や壁は燃えにくく、防火の検査に通りやすい事が大きな特徴です。軽い鉄で出来た棒状の材料を格子状に組んで固定し、専用の金具を使い石膏ボードを取り付けていきます。

木下地の天井や壁よりも施工がしやすく、施工期間も従来の工法に比べてスピーディーに仕上げることが可能になり、施工コストも大幅に削減出来ます。

材料に使われる軽鉄は、銅板の厚みが0.5mmほどしかなく、木材に比べるとかなり軽量で、建物への負担も少なくすみます。また、安定した素材を使うため、木材のように温度や湿気の変動でひび割れが発生したり、腐ったりといったデメリットを防ぎます。
軽鉄はリサイクルが可能な、地球環境にも貢献する材料です。

軽天工事 施工実績

PAGE TOP

リラックスウォール

サービスのご案内